カード現金化の相場と特徴|クレジットカード現金化でピンチを切り抜けろ!

クレジットカード現金化でピンチを切り抜けろ!

カード現金化の相場と特徴

舞い散る紙幣のイメージ

カード換金の相場ですが、結論から言うと80パーセント〜95パーセントといった数字になります。 20万円以下の換金であれば、80パーセント前後、それ以上の換金の場合は90パーセント〜95パーセントといったところです。 ただしこれはカード換金の業者を利用した場合の数字です。 自分で転売を行った場合には100パーセントを上回る換金率を得られることもありますし、逆に70パーセント以下のかなり低い換金率となってしまうこともあります。 つまり実際のカード換金の相場というものは、あってないようなものなのです。 しかし自分で転売する自信がない、面倒が嫌だ、という人は基本的に業者を利用しますよね。 その場合には80パーセント〜95パーセントという数字を参考に業者選びをしてみてください。 あまりに高すぎる換金率の業者は逆に注意しましょう。

カード換金の最大の特徴と言えるのは、やはり換金率の高さでしょう。 通常クレジットカードで現金を手にする場合、利用するのはキャッシングですよね。 しかしキャッシングは基本的に、カード会社から直接お金をレンタルする行為です。 レンタルビデオと同じでレンタル料が発生します。 お金のレンタル料とは、つまり金利ですよね。 消費者の立場でプラスマイナスを考えれば金利の分は確実にマイナスになります。 しかしカード換金の場合、基本的に自分で換金をすることになります。 もちろん業者を利用すれば100パーセントは確実に下回りますが、自分で上手く転売すれば、現金化の際に利益を生み出すことすら可能となるのです。 商売にするには古物営業の資格が必要になりますが、営業性が認められない範囲での転売であれば違法性もありません。